ずっと恋愛していたい。

私はいわゆる恋愛体質だと思うのです。
もちろん、旦那さんの事は大好きだけど、ふと、恋愛をしたいと思ってしまいます。
学生の頃はこんな話も出来ていたけれど、さすがに結婚して主婦になると、誰彼相談できる話でもなくて。
なんていうんだろう、「初めて」何かするときのドキドキが突然恋しくなるんです。
例えば、初めて手をつなぐ、とか、初めて抱きしめてもらう、とか、初めてキスする、とか・・・。

でも、現実にこれをやってしまうとバレたら大変なことになってしまうから、いつも妄想だけで我慢。
だから私は恋愛ドラマが大好きなのです。
最近激はまりしているのは「最後から2番目の恋」。
私よりも年齢は上の設定だけれど、なんだか見ていると、もどかしいような切ないような気持ちになってきます。
がっつり共感してしまっているのでしょう(笑)

私のように思う人って、少ないのでしょうかね。
本当に死ぬまで恋をしていたいと常々思うのです。
そして、死ぬまで恋をされたいと思うのです。
そのためには、永遠に「女」でいなくてはいけない、と。

最近でこそ、「美魔女」なんて言って、年齢がある程度いってもきれいでいようとする
努力がおおっぴらにできるようにはなりましたが、
ちょっと前までは「そんなにしてまで」っていう感じじゃなかったですか?
だから、年齢を重ねた人が恋愛するっていうのはありえないって感じでしたよね。

でも今は違う。
頑張って、心も体も若々しくあれば、きっといくつになっても恋愛できるはずです。
そう思っているアラフォー女性の希望の星ですよね、小泉今日子演じる主人公は。
いったいこのドラマの先はどうなっていくのでしょうか。
まだまだ疑似恋愛、ドラマを見ながら楽しませてもらいたいと思います。
そしていつか、本当に恋愛ができますように。

This entry was posted by admin on 火曜日, 4月 3rd, 2012 at 2:06 PM and is filed under 日記帳 . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.